水道修理

両足を踏んばり、先生がやったように、ぱっと前に出た。すっと、先生ごうしろへひく。「もっとはげしく来い!」なんのことだかわからないまま、ぼくは水道修理 守口市になって、「やっ!」と叫び、右から左へ真剣をバットのように振りまわし、前へ出た。重さに体がひきずられる。先生の体が沈み、「えやあっ!」ものすごい気合いと共に、ぼくのわきをすり抜け、ふっ飛んでいった。「いまのように、さあ、来たまえ」構えなおしたぼくは、こんどは、槍のように、突いていった。ひらりと左に飛びざま、先生は斜めに斬りさげてよこした。びゅっ、と水漏れを切る音がした。ぼくの顔のすぐ近くだ。「もう一度、来たまえ。いまの調子だ」ぼくは、突然、こわくなった。だが、こわいですよ、と言うそのひと言が、声になって出てこない。真剣を両手で必死に握りしめ、両足を踏んばって芝生のうえに突っ立ったままでいることしか、できなかった。「来なさい」その声にたぐり寄せられ、ぼくは走るように前へ出た。先生も、ぼくにむかって、飛んでくる。上体を右いっぱいにうしろへねじり、両手で持った真剣を背中のうしろにまわしている。満月の光に、先生の真剣が、冷たく輝く。